神経の疲れが取れる簡単な方法

9月 20th, 2014

うつ病や不眠になる原因として、神経の疲れというものがあります。

目には見えないのですが、身体の疲れではなく神経が疲れるのです。

 

神経といえば、五感かもしれませんね

 

目や耳、鼻などが感じる疲れです。

ストレスなどがかかって、神経が疲れると、それが体の筋肉などに影響を与え、筋肉が固くなります。

筋肉がかたくなって、緊張状態になるので、疲労感が生じるのです。

 

この筋肉の緊張状態を取るには、ストレスの原因を取り除かなければなりません。

五感がホッとする必要があるのです。

 

何かホッとできるような方法を見つけましょう。

例えば、マッサージなどに行って、ホッとできる人もいるでしょうし、ドライブなどに行って気分転換なんてのも良いですね。

 

家で寝るのもいいですが、五感にほっとした感覚を与えるのがポイントです。

小旅行がいい!

小旅行がいい!

9月 5th, 2014

うつ予防に欠かせないのが気分転換。

リフレッシュと言うと、もっとわかりやすいかもしれませんね。

 

一度電源を切って、もう一度電源を入れ直す感じがします。

 

リフレッシュできるかどうかで、うつになるかどうかがかかってくると入っても過言ではありません。

人は休みなしで働くことで、精神が壊れれていく生き物です。

 

ですから、一週間に一度は必ず休みが必要です。

どんな気分転換が効果的なのでしょうか。

 

旅行はどうでしょうか。

今まで見たこともない、行ったこともないところに行って、気分転換。

こうした変化はリフレッシュに欠かせません。

 

家で閉じこもるのではなく、小旅行に行って気分転換がいいですね。

自分の今の生活に新しい風を入れましょう!

 

旅行までできないという時も、通勤の方法を変えてみるとか、帰り道を変えてみる、寄り道してみるなんて方法で、変化を与えることでリフレッシュしている人もいます。

うつになりにくい部屋づくり

8月 21st, 2014

気分は、過ごす場所にも左右されるものです。

 

特に、自分の部屋が居心地が悪いと気持ちも上がりませんし、

リラックスできないところで安眠なんてできません。

 

そこで、自分の部屋がうつになりやすい場所になっていないか、

チェックしてみましょう。

 

まずは、部屋が物でごちゃっとしていたり、細かいところにホコリがたまっていたりしませんか?

 

もし、そうであれば気分が落ち込みやすい場所になってしまっています。

 

部屋をスッキリ、物も厳選してシンプルにしてみましょう。

気持ちが明るくなりますよ。

 

もちろん、日当たりも大切です。

 

もし、部屋の日当たりが悪いのであれば、カーテンの素材を薄くしたり、

鏡をうまく使って、なるべく日光をとり入れるように工夫してみましょう。

 

さらに、あえて家具を移動したりして、時々、模様替えするのも

思った以上に良い気分転換になります。

 

お気に入りのインテリアを見つけて置いてみたり、部屋を飾ったりすると、気分があがりますよ。

うつ症状のときの気分転換

8月 18th, 2014

うつの症状が観察されるときの休息の仕方。

 

どんな方法で休んでも必ず気分転換になり、精神を安定させることができるわけではありません。

ポイントは、交感神経と副交感神経です。

 

気分転換をするには、副交感神経を活発にさせるような休息が必要です。

楽しい時間を過ごすことも大切ですが、もしも精神的に落ち込んでいるようでしたら、無理に楽しいことをするのはあまりよくありません。

 

逆効果になってしまうかもしれないからです。

ホッとできるような休息、リラックスできる環境が必要です。

 

どちらかといえば、たくさんの人と会ってワイワイ騒ぐよりも、一人で気を使わないで時間を過ごす方が良いかもですね。

 

かといって、家に閉じこもっているのはあまりいいことではありません。

自然のきれいなところに行くとか、カフェに行って好きなことをしながら時間を過ごすとか、自分が一番落ち着く方法を選んだ時に、真の気分転換になります。

不眠症になりやすい人、なりにくい人

8月 4th, 2014

不眠になりやすい人、なりにくい人、というものがあるのでしょうか。

不眠になりやすい人というのは、繊細な人だそうです。

精神的な問題を抱えやすい人は、どうしても不眠症になりやすいですよね。

 

他の言い方をすると、完璧主義、真面目でいい人が不眠症になりやすいと言えます。

こう聞くと、なんだか嬉しくなります。

 

単に気が弱い人だけでなく、怒りっぽいなんて特徴がある人も眠れないという問題を抱えることがあります。

怒ると興奮します。

興奮すれば、どうしても交感神経が活発になりますから、眠気がおきません。

 

不眠症になりやすい仕事といえば、デスクワークといいますかサラリーマンといえるかもしれません。

もちろん、すべての人がそうだとは言えませんが、ポイントは頭が疲れるけど体が疲れない仕事は、不眠になりやすいのです。

 

頭を使わなくて、体を使う仕事は、逆にぐっすり眠ることができます。

 

不眠なりやすい人の特徴を考えますと、不眠対策の秘訣を見つけやすくなります。

 

運動をして、できることをしたらそれで満足できるような生活をおくりましょう。

不眠に効果のある足つぼ