セロトニンを出す方法!

7月 17th, 2014

セロトニンが適量分泌されていれば、うつ病にはならないといいます。

セロトニンの量が減ってしまい、人の精神状態が不安定になるのです。

 

どうすれば、セロトニンを適量にすることができるのでしょうか。

以前に幸せホルモンを増やす方法を紹介したことがあります。

 

 

今回もそれに加えてもう一つできることをご紹介します。

それは、やりがいのある何かをしているということです。

 

大好きな趣味を持てれば、それが一番良いのかもしれません。

しかも、その趣味が人を喜ばせたり、役に立つ何かであれば、ベストです。

 

夢中になる趣味があると、人のセロトニンは分泌されやすいのだそうです。

 

考えさせられますね。

今の時代、好きなことをやる時間も持てないような生活をしている人が多いのかもしれません。

また、自分のことばかり考えて、人のことを考える余裕のない人も多くいます。

 

うつ病患者が増えているのも、社会のこうした傾向と関係があるのかもしれませんね。

物が豊かになりましたが、人のことを考えたり、自分の好きなことをしたりする時間を作る余裕がなくてはいけません。

 

やりがいのある趣味を見つけて、健康になりましょう!

寝る前に耳ヨガでリラックス

7月 1st, 2014

音楽、アロマ、入浴などなど、リラックス方法は色々です。

 

最近知ったリラックス法が、「耳ヨガ」です。

 

その名の通り、耳をほぐして柔らかくするだけなんですが、

不眠から冷え性、美肌効果までに効果がある健康法なんです。

 

実は、小さな耳に、なんと200ほどのツボがあるんだそうですよ。

 

耳を揉んで、硬かったり痛みを感じる人は、疲れ気味のサインです。

 

なぜ不眠に効くかというと、耳ヨガで血流がよくなると、筋肉に血液が行き渡ることで緩み、

体がリラックスします。

 

さらに、睡眠前に血流がよくして体温を上げておくと、睡眠時に体温がぐっと下がり、

スムーズに眠りに入ることができるのです。

 

お風呂に入りながら、寝る少し前にやっておくと効果があります。

 

やり方は、耳の上、横、耳たぶを引っ張るだけ。

呼吸法が大事で、息を5秒かけてしっかり吐きながら引っ張っていきます。

 

方法もとってもカンタンですし、時間もとりません。

 

やってみると、なんとなく頭がスッキリする感じがするので、

続けてやってみようと思います。

幸せホルモンを増やす方法

6月 28th, 2014

うつと不眠に深く関わりがあるのが、脳内の神経伝達物質、セロトニンです。

 

別名、幸せホルモンとも言われていて、不足するとうつ病や不眠症になると言われています。

 

つまり、セロトニンを増やすことが大切なのです!

 

では、どうやってセロトニン増やすのでしょうか?

 

まず、心がけたいのが、太陽の光を浴びること。

 

日照時間の多い春や夏は、セロトニンの産生が多くなるのですが、秋、冬となるにつれ減ってしまいます。

 

特に、秋、冬の季節には、部屋にこもりきりにならずに外に出かけましょう。

 

寒くておっくうになることもありますが、家の中で一番日が当たるところで本を読んだり、

音楽を聴いたりして過ごすだけでも違います。

 

セロトニンを増やす他の方法として、セロトニンを作り出す脳にダイレクトに働きかける

嗅覚を刺激することです。

 

アロマディフューザーやお香など、生活に香りを取り入れてみるのもいいですね。

 

香りの好みは人によって違うので、自分の好きな香りを探してみましょう。

動物と触れ合ってストレス緩和

6月 5th, 2014

かわいい動物がじゃれあっているのを見ると、気持ちがほっこりしますよね。

 

ストレスの緩和を動物に手伝ってもらうのはどうでしょうか?

 

実は、アニマルセラピーというれっきとした治療法があるのです。

 

ドッグセラピー、イルカセラピー、乗馬セラピーなどが有名らしいのですが、

基本的に動物ならなんでもかまわないそうです。

 

アニマルセラピーには、緊張をほぐしたり、言語や四肢のリハビリ効果などがあります。

 

私も以前、認知症で話さなくなったおじいさんが、

犬と触れ合っているうちに話しだしたという動画を観たことがあります。

 

賃貸住宅や集合住宅だと、犬や猫はハードルが高いところもありますが、

ウサギやハムスターモルモットなら、静かで飼いやすいですね。

 

もし、自宅で飼えなくても、最近は、猫カフェとかふくろうカフェが増えてきたので、

休日に、利用してみるのもいいかもしれません。

 

ストレスたまってるかな、気分が沈みがちだなと思ったら、

動物と触れ合う時間を持ってみましょう。

おもいっきり泣いてスッキリ

6月 5th, 2014

今、自分はプチうつ状態かも・・・?

そう感じた時に、泣ける映画を観て泣いてみましょう。

 

落ち込んでるのに悲しい映画なんて、もっと気が滅入りそう・・・と思いますよね?

 

ところが、気分をスッキリさせる方法の一つが、泣くことなんです。

 

悲しいことがあっても、思いっきり泣くとなんだか気持ちがスッキリした、

という経験は誰にでもあるはずです。

 

これって、科学的な根拠がある話なんです。

 

自律神経が関係しているのですが、泣いて涙が出ている時にはリラックスや

安静を促す副交感神経が働くので、心身ともにリラックスした状態になります。

 

また、泣いた後には、脳内ホルモンのエンドルフィンが増加します。

 

強い鎮静作用があるエンドルフィンのおかげで、スッキリ感が感じられるのです。

 

逆に涙を堪えると緊張状態が続くのでストレスがかかってしまいます。

 

人前で泣くのは気が引ける・・という人は、気兼ねなく泣ける環境を作って

泣ける映画で思いっきり泣いてみましょう。